3Dプリンターについて知ろう

3Dプリンターは普通のコピー機とは違い、立体的に物を印刷する機器です。ただ、3Dプリンターも価格やメーカーなどで性能や形式が変わります。ここでは価格と性能の比較について見ていきましょう。

3Dプリンターの価格と性能の比較

5万円以下の3Dプリンター

出力サイズは15センチで設定されているので、それ以上の大きなものは印刷することができません。Wi-Fiに対応していますが、あまり精度がよくないことがあり、USBが必要になることがあります。なので、少し距離のある離れた場所からの印刷には使いづらい場合があります。

7万円~10万円の3Dプリンター

5万円以下の3Dプリンターの場合、自分で組み立てを行わないといけないことがありますが、大体7万円以上のプリンターはすでに完成されて販売されているので、組み立てが不要になります。また、ヘッドがスライド式になっているので固定されているタイプと比べて使いやすくなっています。

コピー機を購入する際注目すべきポイント

3Dプリンター

価格

価格はレンタルやリース料金から搬入費用まで細かく比較することで、相場価格や最安値などを割り出すことができます。また、中古や新品、メーカーによっても値段は異なります。

メーカー

コピー機には様々な機能がありますが、メーカーによってもその機能性やできることが異なってきます。3Dプリンターができるのもあれば、できないものもあります。希望するメーカーや機種を設定して見積もりなどもできるので、用途や希望を細かく設定して比較すればあなたの探しているものが見つかりやすくなります。

契約法

契約方法には中古販売やリース、レンタルなどいろいろな選択肢があります。会社などで使うのか個人で使うものなのか用途に合わせた契約方法を比較して選ぶことで安くなることもあります。

メンテナンス

メーカーや機種の取り扱い会社によって、メンテナンス内容やサービスは異なります。また、メンテナンスにかかる料金や修理完了までの対応の早さなども比較して知ることができます。

3Dプリンターの活用法や価格を把握しよう

3Dプリンター

3Dプリンターでできること

3Dプリンターは3Dデータをもとに樹脂などの材料を使って立体物を印刷することが可能です。なのでアイディアをそのままデザインして、試作品などを作り外観のイメージや構造などを確かめることも可能になります。プレゼンなどでも活用することができます。他にも建築模型などの景観や完成見本を作ったり、医療で使われる義足やインプラント、補聴器などの作成にも活用させることができます。このように3Dプリンターでは試作を簡単に作ることができるので、外注に依頼をする必要もなくなるのでコスト削減や開発期間の短縮にも大きい影響を与えます。

広告募集中